旧暦の3月3日は、『上巳の節句』と言われ五節句の一つであり、桃の花が咲くことから 『桃の節句』とも言われています。
この起源は平安時代より以前に、京の貴族階級の子女が御所を模した御殿や飾り付けで遊び、健康と厄除を願った「上巳の節句」が始まりとされております。
やがて武家社会でも引き続き行われるようになり、江戸時代には庶民の人形遊びと節句が結び付けられ、行事として発展してきた模様です。
その後、小さな人の形をした形代に穢れを移し、川や海に流して災厄を祓う祭礼となり伝わってきたとされ、現代の「ひなまつり」での「流し雛」もここに起源があると言われております。
松尾大社の『ひなまつり』では、3月3日当日午前10時からの祭典の後、松風苑「曲水の庭」で、雅楽の調べとともに流しビナを行い、その後会場に移動して、『ひなまつり』に因んだお子様向けの楽しい催し物などを行っております。
どうぞお気軽にご参列下さい。