六月大祓とは、夏越祓(なごしのはらえ)とも呼ばれ、六月晦日(みそか)に半年間の
心身の罪や穢れを祓う行事です。
大祓式の他に茅の輪をくぐったり、人形(ひとがた)で体を撫で息を吹きかけ、罪や穢れを
人形に移してお祓いする神事も行います。
【 茅の輪くぐり 】
楼門前に6月30日まで設置いたします。
6月28日の午後1時に“お祓い”をいたしますので、ご参拝の皆様は、それ以降に
おくぐりください。          
      

尚、本年は新型コロナウィルス感染拡大防止のため、「百度祓」並びに「大祓式」への
ご参列はお控え頂いております。
茅の輪の設置中に各自でご参拝いただきますが、その際は前の方との間隔・距離を充分に
空けてお進みください。

29・30日の両日、楼門にて茅(ちがや)に歌の短冊を取り付け「お祓いさん」として
お渡し致します。 (午前9時〜午後6時まで ※ 但し、数に限りがあります)
また6月中は、授与所にて「茅の輪まもり」も授与いたしております。(初穂料 500円)